大会情報 | ゲスト

ゲスト

大会ゲスト

瀬古 利彦
Toshihiko Seko
生年月日:
1956年7月15日

出身地:三重県桑名市

「横浜DeNAランニングクラブエグゼクティブアドバイザー」ランニング教室他出演

名実ともに日本長距離界、マラソンブームを牽引してきた第一人者。 高校時代から本格的に陸上を始め、インターハイでは800m・1500mで二年連続二冠を達成。 早稲田大学へ進み、故中村清監督の下、ランナーとしての才能を開花。 箱根駅伝では4年連続で「花の2区」を走り、3,4年次では区間新(当時)を獲得するなど、スーパーエースとして活躍した。 トラック競技においても日本記録を総ナメにし、25,000mと30,000mでは世界記録を樹立(当時)。 トラック・駅伝のみなず大学時代からマラソンで活躍し、現役時代は国内外のマラソンで戦績15戦10勝。圧倒的な強さを誇る。 鋭いラストスパートでライバルを引き離し、鮮やかにゴールする姿は日本国内だけではなく海外からも絶賛され、 多くのファンがその走りに魅了された。 現役引退後は指導者の道に進み、オリンピック選手を3名輩出するなど後進の育成に注力した。
2013年4月より、横浜DeNA ランニングクラブの総監督。
現在は「横浜DeNAランニングクラブエグゼクティブアドバイザー」として活動中。

詳しくはチーム公式HPで( https://running.dena.com/

2011年より(公財)日本陸上競技連盟 理事
2016年12月より(公財)日本陸上競技連盟 強化委員会、マラソン強化戦略プロジェクトリーダー
2017年より(一財)東京マラソン財団理事

ゲストランナー

川内 優輝
Yuki Kawauchi
競技:
陸上(長距離)
生年月日:1987年3月5日
出身地:東京都世田谷区
所属:あいおいニッセイ同和損保(株)
スポンサー:アシックスジャパン(株)
Jaybird

努力と工夫で日本陸上界の常識を覆すアスリート

陸上歴26年。砂原小1年時に陸上を始め、鷲宮中、春日部東高、学習院大と陸上を続け、箱根駅伝にも関東学連選抜6区として2度出場。2009年に埼玉県庁に入庁後もフルタイム勤務の市民ランナーとして競技を続け、2019年3月末に埼玉県庁を退職し、プロランナーに転身。これまでに招待選手やゲストランナーとして200回以上(一般参加等も含めると540回以上)のレースに出場。フルマラソンはすべてサブ2.5及び20位以内で完走しており、サブ10の世界最短間隔記録(中13日)や日本人最多記録(13回)なども樹立している。また、フルマラソンのサブ12~サブ20の1分刻みの達成回数は全て世界一である。
座右の銘は「現状打破」。

(2019年6月現在)

 

自己ベスト

 フルマラソン :2時間8分14秒(13ソウル国際マラソン)
 30Km   :1時間29分31秒(13熊日30kmロードレース)
 ハーフマラソン:1時間2分18秒(12香川丸亀国際ハーフマラソン)

日本代表経験

 第13回世界選手権(大邱)マラソン17位・W杯団体銀メダル
 第14回世界選手権(モスクワ)マラソン18位
 第16回世界選手権(ロンドン)マラソン9位
 第20回世界ハーフマラソン選手権(カバルナ)21位
 第17回アジア大会(仁川)マラソン銅メダル
 第17回世界選手権(ドーハ)マラソン※2019年9月開催

主なリザルト

 2011年 東京マラソン/3位 福岡国際マラソン/3位
 2012年 北海道マラソン/優勝 シドニーマラソン/優勝
 2013年 別府大分毎日マラソン/優勝 ソウル国際マラソン/4位
 2013年 ゴールドコーストマラソン/優勝 福岡国際マラソン/3位
 2014年 びわ湖毎日マラソン/4位 防府読売マラソン/優勝
 2015年 ニューヨークシティマラソン/6位 チューリッヒマラソン/2位
 2016年 チューリッヒマラソン/優勝 福岡国際マラソン/3位
 2017年 プラハマラソン/6位 ゴールドコーストマラソン/3位
 2018年 ボストンマラソン/優勝 萬金石マラソン/優勝

いぶすき菜の花マラソン公式ホームページ